So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
審美治療 ブログトップ

ラミネートベニア [審美治療]

当院で行いましたラミネートべニアをご紹介します。

kimoto1.JPG

術前の状態。過去に受けられたCR充填(保険適応のプラスティックを詰める治療)の変色が気になるとのことでした。充填部分が大きかったり、患者様の審美的要求が強い場合、再度CR充填では満足の得られる結果が出ない場合があります。そのような場合、ラミネートベニアはお勧めです。

治療に入ります。事前にWAXでシュミレーションをして、INDEXを作ります。つまり最終仕上がりのイメージをWAXで作って、それを参考にして削る量を決めるガイドです。そのガイドをあてがいながら削っていきます。

088.JPG

技工師さんが綺麗に作ってくれます。左上の2番目の歯は仮歯です。なぜ2番目だけ仮歯なのかは後ほどご説明します。

003.JPG

完成です。

kimoto2.JPG
077.JPG

今回左上2番目の歯はオールセラミックスを選択しました。ラミネートベニアもオールセラミックスも材質はほぼ同じですが、ラミネートべニアは非常に薄く、歯にセメントで接着させた後に若干の色の変化があると言われています。(変化というより馴染んでくる感じ)ですので、厚みが違うセラミックスを同時に作製して接着させると、最初は良いけど、時間が経つと色が違ってきた・・・なんて事態に陥る可能性があるわけです。ですので、基本的にはラミネートベニアを先に。オールセラミックスは後にと2回に分けて治療をした訳です。
ご興味がありましたら院長もしくは当院スタッフまでご相談ください。

セラミッククラウン(ブリッジ編) [審美治療]

無題4.JPG

右上1番目の歯が取てしまい来院されました。当院で診査したところ、歯に破折が認められて、根の中の方まで虫歯が進んでいたため、抜歯となりました。

無題.JPG

ここで治療法の選択としてインプラントor ブリッジのご説明をさせていただきました。
今回のケースでのインプラントの利点
・単独歯での治療が可能。
・右隣在歯が健康な歯であり、それを削らないで済む。
今回のケースでのインプラントの欠点
・より審美性を求めるなら左上の歯を治す必要がある。
・治療期間が長期になる。
・費用が高額になる。

今回のケースでのブリッジの利点
・比較的治療期間が短縮できる
・大きな外科処置が必要でない
今回のケースでのブリッジの欠点
・健康な歯を削る必要がある。
・ブリッジ特有の不自然さが残る可能性がある

等のご説明をさせていただきました。そして話し合った結果、ブリッジにて処置することに決めました。ただなるべく審美的に治したいというご希望で、「ブリッジ特有の不自然さ」を改善するため、抜歯後に歯槽堤保存保全を行いました。(通常抜歯後は骨が吸収するため、歯茎が陥没してしまいますが、それを防ぐ方法です)そしてブリッジのダミー(歯茎の上に乗っかる部分)を歯肉に密着させ、下から歯がはえてきているように見せるオベイドポンティックを用いて治療をおこないました。


無題1.JPG

治療後は患者さまにも大変満足をしていただけました。

オールセラミックス [審美治療]

001 (2).JPG

左上1番目の歯の変色が気になるので治したいというご希望です。


003.JPG

オールセラミックス(プロセラ)を用いて修復しました。今回はプロセラのアルミナというタイプを使用しました。透明感が強く、天然歯に近い色調が再現できます。患者様にもとても満足していただけました。

セラミッククラウン [審美治療]

治療前
122_2233.JPG

左上前歯の変色が気になるということで、セラミッククラウンを用いて治療いたしました。

治療後
124_2428.JPG
124_2455.JPG
124_2454.JPG

歯肉から見える影が黒く見えますが、歯冠部を治すことで、お口の中が全体的に明るくなりました。このように根っこまで変色しているケースは大変難しいです。
審美治療 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。