So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
歯周治療 ブログトップ

歯周病治療・セラミッククラウン [歯周治療]

初診時
113_1379.JPG

プラークコントロール不良。
前歯の被せ物の回りが特に赤くなっているのが分かります。原因はこの被せ物の合いが悪いことが影響している可能性もあります。生体に許容されていないのでしょう。
被せ物の歯肉の位置が左右で違います。審美的には左右対称が望ましいでしょう。

初期治療終了時
116_1671.JPG

ブラッシングの指導と歯石の除去を行いました。
合いの悪かった被せ物を除去し、仮歯を作製しました。
歯肉が引き締まってきているのが分かると思います。

歯周外科終了時
119_1925.JPG

今回は歯肉の高さを揃えるためと、新しく作製する被せ物が生体に許容される位置にくるように歯肉の位置を整える目的で行いました。

治療終了時
133_3331.JPG

歯肉の位置が揃い、初診時で見られた歯肉の炎症、赤く腫れた感じは無く、引き締まった綺麗な歯肉になっているのが分かります。今回の被せ物はセラミッククラウンを用いました。
歯周治療 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。